ベストワンなら勉強が好きになる子供が育つ

学費を安くする

女性

リーズナブルに学習できる

大学を国立にするか、私立にするかでも大学費用は大きく異なります。たとえ国立に進んだとしても年間450万程度の費用が必要です。また、私立では年間670万円程度、理系、医歯系ではさらに高額な大学費用になります。奨学金制度には主に2種類に分けることができます。1つは、貸与型奨学金といわれるもので、大学を卒業後に返済していく必要があるものです。公的機関が貸すため、無利子にて返済できます。もう一つは、給付型奨学金で、大学や企業が行い、その金額は月額数万円から数十万まで様々です。返却義務がないので、大学費用をお得にすることができます。給付型奨学金は、大学によって異なりますが、私立大学では費用も高額になりがちのため、多くの大学でこの制度が用意されています。給付型奨学金をもらうためにはいくつかの条件が挙げられます。まず、家庭の収入によって、申し込みができるか確認が必要です。学業やスポーツなどの競技成績で優秀な成績を修めることも必要です。在学中の成績の他、入学試験の成績や、コンテストの入賞者なども対象になることが多いです。また、TOEICなどの資格保有者なども優遇する大学もあります。給付型奨学金を利用することで、大学費用を大幅に削減することができます。大学のみならず、企業や公的私的団体が設けている奨学金制度もあり、奨学金制度は幅広いので、大学進学を控えているお子さんをお持ちの方は希望する大学や企業の奨学金制度を調べましょう。